top of page

コロナ期の中国自動車メーカー商況


 以下は、2020年1〜3月期の中国大手自動車メーカーの売上高、利益等である。

減少幅は全て昨年同期比である。

発注時期がコロナ期以前であるものが売上に含まれているので留意する必要がある。





上汽集团(しゃんちーしゅうだん)中国3大メーカーの一つ。


  1. 販売台数、55.71%減、67万9028台。

  2. 売上高、47.08%減、1059.47億元(1兆5,987億円)。

  3. 営業利益、86.42%減、11.21億元(169億円)

  4. 経常利益、90.91%減、6.91億元(104億円)





北京汽车(べいじんちーちゅー)はオフロード車、トラックなどを製造


  1. 売上高、29.4%減、329.8億元(4979億円)。

  2. 営業利益、95%減、6080万元9億1800万円)。





一汽轿车(いーちーちゃおちゅー)は自社ブランド車とマツダ車を製造


  1. 売上高、3.98%減、286.35億元4322億円)。

  2. 営業利益、80.06%減、1.82億元27億円)。





长城汽车(ちゃんちゃんちーちゅー)は中国最大の私有自動車メーカー。


  1. 販売台数、47.04%減、15万台。

  2. 売上高、43.94%減、123.82億元1869億円)。

  3. 営業利益、昨年7.73億元117億円)の黒字から6.50億元98億円)の赤字に





长安汽车(ちゃんあんちーちゅー)は中国ビック5の一つ。


  1. 売上高、27.76%減115億元1735億円)。

  2. 営業利益、昨年20.96億元316億円)の赤字から6.31億元95億円)の黒字に





比亚迪(びーやーでぃー)はEVの販売に力を入れる深センの企業。


  1. 売上高、35.1%減196.78億元2970億円)。

  2. 営業利益、85%減、1.13億元(17億円)。