有名社長がライブ販売を行なって分かったこと

最終更新: 6月22日


 グリー・エレクトリック珠海格力电器股份有限公司、Gree Electric Appliances Inc.は、中国の大手家電メーカーである。世界最大の住宅空調メーカーであり、この他扇風機ウォーターサーバーヒーター炊飯器空気清浄機電気ケトル加湿器IHクッキングヒーターなどの家電製品も製造している。


 そのグリー・エレクトリックの女性CEO董明珠(どんみんちゅう)氏が、4月24日に初めてtiktokライブ販売に出演した。グリーの各商品の紹介及び販売を行なったのだ。


 董明珠(どんみんちゅう)氏は中国実業界で最も活躍している女性と評価されている人物で、フォーブス中国の「2018年活躍している女性実業家ランキング」にもランクインされた。

グリーライブ配信中の画像

 ライブは1時間だったが、グリーのネット環境が良くなったため、同じ音声と画面が繰り返されたり画像が止まったりした。このため最初22万人だった視聴者数は4万人まで下落、販売金額も僅か347万円程度だった。ネットユーザーからは「もしかしてグリー社のネット回線は3G?」とのコメントも出た。ライブ販売終了後グリー社はネット環境の悪さを謝罪した。


 更により根本的な問題だが、グリー社のライブチームはユーザーが何を求めているのかよく理解できていなかった。ユーザーがライブ販売に求めるのは、同じ商品がより安価に買えることである。しかし今回、普段より価格が安くなった商品はほぼ皆無で、物によっては他のECサイトの方が安いものもあった。

 

 近年、中国ではタレントやインフルエンサーがライブ販売を行い、視聴者がリアルタイムに見て質問やコメントをしたりしながら商品を購入する「ライブ販売」が流行っている。独身の日1日だけでタオバオライブで3000億円以上売り上げるなど巨大な市場に成長している。


 今回のグリー社のライブ販売の結果から分かる通り、大切なのはユーザーインサイトの理解である。大手とかブランド力、紹介者の知名度も大事だが、「良いものをライブで、お得な値段でワクワクしながら買いたい」というのが消費者のインサイトであり、これを理解できていないと、思ったように販売することができない。単純なことではあるが、それを再確認した出来事だった。